人材を探している

求人掲載の歴史について

昔は人材を求める場合には、公共職業安定所に求人の申し込みをしたり新聞広告に求人掲載をしていました。それが1980年代に入ると、終身雇用制に陰りが見え始め非正規社員を雇う企業が増え始めました。そういった人達は雇用期間が切れると新たな職場を探す必要があります。またこの頃からアルバイトをする人の数も急激に増えました。そのような人達のための、有料の求人情報誌が登場するのです。企業側も、このような求人情報誌に求人掲載をすることによって求人の募集をするようになったのです。その後1999年には職業安定法が改正され、民間で行っている職業紹介事業が原則として自由化されました。これによって無料で求人情報誌を発行することが可能となったのです。今ではインターネットの普及によって、求人情報サイトが登場し、そこに求人掲載をする企業も増えるようになったのです。さらに無料で求人掲載ができるサイトも登場したのです。

今後もそれを活用する企業が増えることが予想される

無料で求人掲載ができるサイトがたくさんあります。求人を出す時は、求人を出すための費用がかかります。特に中小企業にとっては、その費用は意外と大きいのです。しかし最近では、インターネットの普及によって、ネット上から労働者を募集する動きが出てきて、今ではその専門の求人情報サイトもたくさんあるのです。企業側が人材を確保する場合には、求人情報サイトに求人掲載をすることになりますが、その費用もけっこうかかります。無料で求人掲載ができるサイトがあれば、それにかかるコストを削減することができるので、企業側にとって大きなメリットがあるのです。それ故に、無料で求人掲載ができるサイトの数は、今後も増えていくことが予想されます。